幼稚園

私立幼稚園の無償化はいつから?年収上限(所得制限)・補助金はいくら?

私立幼稚園の無償化に喜ぶ女性の画像

こんにちは、かもめです^^

最近話題の子育てに関する政策「幼児教育無償化」!

未就学児のいる家庭にとって、とても気になる関心事ですよね。

我が家の場合は私立幼稚園に通う子がいますし、
その下にも未就園児が控えていますので
この政策に直接かかわる家庭なのです!

でもそもそも、私立の幼稚園も無償化の対象なのか?
所得制限などの規定があるのか?

分からないことがたくさんあったので調べてみました^^

私立幼稚園の無償化はいつから?

私立幼稚園に通う3~5歳の子すべてが対象で、
開始時期は2019年10月からと決まったようです!

これまで年齢別に段階的な適用などの案もありましたが、
最終的には消費税増税のタイミングに合わせて
子育て世帯の経済的負担を和らげる意図がありそうです。

私立幼稚園の無償化は年収上限(所得制限)がある?

私立幼稚園に通う3~5歳に通う子供に関しては
所得制限なしですべての家庭が対象になります!

所得オーバーで残念・・・ということはないので
これはうれしいですね!^^

私立幼稚園の無償化は補助金いくら?

園児1人につき上限2万5700円が支給されることになります。
この金額設定の根拠は全国の私立幼稚園の保育料平均だそうです。

注意が必要なのは、私立幼稚園は園によって保育料が変わるということ。
2万5700円でおさまる園もあれば、はみ出る園もあります。

タダで通わせられるかも!と勘違いされることのないようご注意ください!

預かり保育の補助金は?

預かり保育に関しても上限11300円の補助がでます。

しかしこれは全家庭ではなく、共働き家庭のみのようです。

なんで専業主婦の家庭は対象じゃないの?という不満の声が
聞こえてきそうな気もしますが・・・^^;

ただ保育園とは違い、幼稚園は入園すること自体は比較的簡単なので
入園後ゆっくり職探しをして、仕事を見つけたら
助成を受けて預かり保育を利用するということもできそうです。

割り切りが必要ですね!

無償化でも私立幼稚園でかかる費用

幼児教育無償化で対象になる費用は、
あくまで保育料のみです!

先ほど少し触れましたが、私立の幼稚園となると
保育料の設定も園によってまちまちですし
保育料以外にもかかる費用があります。

我が子の通ったことのある幼稚園を例にとりますと、

  • 幼稚園バス(月額3000円)
  • 父母会費(年額10000円)
  • 冷暖房費(年額10000円)
  • 給食費(1食250円~300円)
  • 教材費(内容により数百円~数千円)
  • イベントによりかかる費用

などなど。。

私立幼稚園に通う場合は保育料が無償となった場合にも
月に5千円~1万円はかかると思っておくと良いかもしれません。

なにかとお金がかかります~(;O;)

4年保育の場合

園によっては2歳児の通う年少々クラスを設けているところもあります。

同じ幼稚園児でも、残念ながらこちらは対象外です。
あくまで3~5歳の年少、年中、年長児のみの無償化となりますので
お気を付けください!

これに関しては対象年齢拡充の余地もありますので
今後に期待しておきましょう。。

まとめ

参考にしていただけたでしょうか?^^

無償化の響きは単純にうれしい気持ちとともに、
財源確保の心配など手放しでは喜べない
賛否両論の政策である「幼児教育無償化」。

この政策はまだまだ手探り状態の段階ですし、
内容の変更はもちろん、
数年後には廃止になっている可能性もあります。

以前あった子ども手当の政策の時と同様に、
あれば助かるけれどなくなっても困らないように
教育費を確保しておくのがよいかもしれません。

まずは2019年10月の幼児教育無償化のスタートによって
すべての子どもたちがより平等に質の良い教育を
うけられるようになるといいですね!^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)