幼稚園

幼稚園は何歳から入れる?保育年数別メリット・デメリットや優先順位とは!

幼稚園の先生顔画像(写真)

こんにちは、かもめです^^

幼稚園というと3年保育である年少からの入園がメジャーですが、
選択肢としては他にも満3歳以下を受け入れている4年保育や
年中クラスからの2年保育があります。

あえて3年保育以外の入園をすることに
何か大きな意味はあるのでしょうか??

今回は幼稚園の保育年数別に、メリット・デメリットを
まとめましたのでご参考にしていただければと思います(^^)/

幼稚園は何歳から入れるといいのか?

これまでママと過ごしてきた子にとっては初めての集団生活。
地域によっては2年保育が主流なところもあるようですし、
働きに出るママも増えていることから4年保育の需要も増えています。

保育年数別にメリット・デメリットを見てみましょう^^

4年保育のメリット・デメリット

4年保育は通称・年少々クラスと呼ばれることがあるようです。

メリットはなんといっても、
早ければ2歳から預け先が確保できること。

誕生月にもよりますが、保育園に入れるのは難しいけど
4年保育の幼稚園なら入れそう!ってパターンの方には
もってこいでしょうね。

デメリットは、地域によっては
幼稚園奨励金などの補助金の対象にならない場合があることと
4年保育を実施している園はあまり数が多くないこと
あとは募集人数が少なめで枠が少ないことです。

探すのが困難な場合があるので
お住まいの地域や通園可能範囲の近隣の市町村を
よく探してみることをおすすめします^^

3年保育のメリット・デメリット

3年保育はスタンダードな保育年数なので
募集人数も多く比較的入園することが簡単です。
プレ保育などを設けている幼稚園も多いので
入園前からママ友などの顔見知りも作りやすいです。

3年保育に関しては需要が1番多いので
デメリットもあまり無いように思います^^
一般的な波に乗りたいなら、迷わず3年保育ですね!

2年保育のメリット・デメリット

地域によっては2年保育の募集が多いところもあるようですが、
そういう地域以外ではあえて2年を選ぶ家庭は少ない印象です。
そうなると、周りの子はもう慣れているけど我が子だけ新入生状態になりがちです。
周りのママさんに知り合いがいないところからスタートになる場合は
ママも少し気疲れするかもしれませんね。

ただ、ママが心身的にも時間的にも余裕があるならば
2年保育で周りの子たちより少し長く一緒にいるのもいいのではないでしょうか?
3年保育より1年分の保育料の節約にもなりますので
それは大きいかと思います!

入園時期を考える優先順位とは?

どの保育年数にも多少のメリット・デメリットはありますが
子どもの生まれ月や性格によっても考え方が変わりますよね。
各家庭によって教育方針も変わることと思います。

入園時期に悩んだ時は優先順位を決めて
我が子には何が合っているか、どうしてあげたいのかを
考えていくといいかと思います。

集団生活でお友だちに刺激をもらってほしい
早生まれだしもう少し一緒にいてあげたい
もう疲れたから少し時間が欲しい
経済的にもったいないから2年保育まで待つ

など、各家庭で考えは分かれると思いますが
いろんな理由があっていいと思いますよ!^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

主流は3年保育かと思いますが
無理に行かせなくてもいいし、
もっと早く行かせてもいいし、
子育てはもっと自由であってもいいですよね^^

幼稚園は保育園と違って預かり時間も短いですが
それでもママの貴重な時間には変わりありませんので、
私は4年保育にとても興味があります(^^)/

みなさんも、我が子の成長や
家族のライフスタイルに合わせて、
子どもの集団生活への第一歩の時期を考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!
またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)