保育園

幼稚園と保育園の違いの解説!将来の学力差があるって本当!?

幼稚園と保育園の違いについての本を見ている子供の画像

こんにちは、かもめです^^

みなさん、幼稚園と保育園の違いを
はっきり説明できますか?

意外と分かっているようないないような・・・
みんなそんなものなんですよね( ゚Д゚)

今回はその違いの解説をしたいと思います。

それと、幼稚園卒と保育園卒には
将来的に学力差がでるのではないかと
言われているのをご存知でしょうか?

子どもの将来に影響があると聞いたら
親なら気になってしまいますよね。。

この噂が本当なのかということも調べてみましたので
合わせてご参考にしていただけますと嬉しいです!

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園は何が違うのでしょうか。

1番大きな違いは、
幼稚園は「文部科学省
保育園は「厚生労働省
が管轄しているということで、
幼稚園は学校教育法に準じているのに対し、
保育園は児童福祉法に準じています。

よく、「幼稚園は教育をしてくれるところ」という話を聞きますが、
それはこの法令を根拠にした話だと思われます。

このほかにも、保育園は給食が義務づけられていたり
保育料が収入に応じて設定されていたりと、
幼稚園よりも家庭の事情に適応できるような仕組みに
なっていることが分かります。

それもそのはずで、施設の存在目的が
幼稚園・・・幼児を保育し適当な環境を与えて、その心身の発達の助長する
保育園・・・日々保護者の委託を受けて、乳幼児を保育する
と、全く異なるものになっているのです。

将来の学力差は本当にあるのか?

将来的に学力差がでるのではというのは、
あくまでもウワサ程度の話で
実際にはそのような差はないという研究結果があるようです。

ではなぜそういう話になってしまうのかというと、
短期的にみると小学校入学直後には
はっきりと幼稚園出身の子と保育園出身の子で
生活態度に違いがあるようです。

幼稚園出身の子は椅子に座って話を聞くシチュエーションに
慣れていますが、保育園出身の子はどうも
そわそわした子が目立つということです。

あとは、ひらがなや算数の進度に差があるとのことですが、
ある程度進むと差はいつの間にかなくなります。

よって、将来にわたって見比べた時
学力差は無いと考えるのが妥当です!

見比べるべきはそこではなく
親の所得格差が大きいと私は思います。

幼稚園か保育園かより、所得による差!

幼稚園出身だから頭がいい、
保育園出身だから教育されてない、

そんな簡単なことなはずないですよねw

近年は生活水準の維持や教育費確保のために
夫婦共働きで保育園に預けてせっせと働く家庭も多いです。

そんな家庭では習い事は惜しまずにさせたり
旅行や観光に頻繁に出かけたりして、
子どもがとても経験豊かな例もあるわけです。

幼稚園とひとくちに言っても、
私の知っている近隣の幼稚園は
とても変わった教育方針だと評判です。

幼稚園でも保育園でも
園によって教育方針はまったくちがうものですので
結局は各家庭でどれだけ教育に
時間やお金をかけているかによるものです。

そしてそれには親の収入がものを言うのだということを
私は痛感しています。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近はこども園もありますし、
幼稚園だから、保育園だからと
ひとくくりにできないくらい子どもの教育は
多様化してきているなと思います。

ちなみに私自身は保育園出身です!
母はシングルマザーだったので
当時は寂しいとも思った記憶がありますが
正直そんな幼少期の環境なんて
人生に大きく影響はないと感じます。

選択肢が増えすぎて
何が良いのかわからなくなる時もありますよね。

そんな時は将来的な学力差を気にするよりも、
我が子に合う環境の園を選んであげることが
なによりも大切と思いますので
子どもの様子をよく見て判断してあげてほしいなと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました^^
またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)