子育て

入園準備にミシンは必要?指定品はどう準備する?

入園準備にミシンを使う女性の画像

こんにちは、かもめです^^

年も明けて、幼稚園の入園にむけて準備を始めている方もいるのでは?

入園準備といえば、手提げバッグや巾着袋などの布小物・・・
手作りしようか悩んでいる方もいるかもしれませんね!

私はミシンを買って準備したのですが、本当にミシンは必要なのか?
考えてみました!

主に準備を指示されるもの

我が家は引っ越しをしているので2つの幼稚園を経験しています。

大体指定されるものは、

  • 手提げバッグ
  • 上履き袋
  • 巾着袋(用途別に何枚か)
  • お弁当袋
  • ランチョンマット

などでした。
私の場合は使いまわして済んだのですが、園によってはキャラ物禁止やサイズ指定などもあるので、園から具体的な説明を受ける前に既製品を購入するのは避けたほうが無難です。

*ちょっぴりアドバイス*

幼稚園グッズを用意する際、ママの趣味で判断せず、子どもの好きなものを取り入れたグッズを用意しましょう!
子どもは単純ですので最初は登園を嫌がる子も多くいます。
たまに、大人から見たらオシャレでシンプルなものを持っている子を見かけますが、少しでもテンションの上がるものを持たせてあげることで、子どもの頑張る気力を引き出せますよ!

(もちろん、子ども自身が希望しているなら無地でもなんでもアリ!です。)

用意する方法

これらのものを準備するには大きく分けて3つ。

  • 自分で作る
  • 既製品を買う
  • オーダーして外注する

です。

それぞれメリットデメリットが存在します。

自分で作る

自作の場合のメリットは、指定通りのものを用意できる多少安く仕上がる(かも?)

デメリットは、手慣れてない限りは作るのが億劫必要な布のサイズを計算したりしてまずは道具から揃える必要がある
場合によってはミシンから用意するかたも・・・。

既製品を買う

既製品のメリットは、比較的安価で用意できる

デメリットは、ほかの子とかぶる可能性あり指定サイズではみつからない可能性あり

かぶると困ることは、荷物の取り違え。
違う子のを持って帰ってくるとビックリですよね。笑

オーダーして外注する

最近利用者が多いのはこの方法。
メルカリなどのフリマアプリで受注を承っている出品者も多くいますし、ネットでのやり取りに不安がある場合は布などを扱う手芸店でもお願いできることが多いです。

メリットは、サイズを指定すれば園指定に対応できるオリジナル品を作れる

デメリットは手間料金として取られるので割高

一番いいのは、身近に裁縫が得意な人がいること・・・。(*_*)

ミシンは不要!?

で、本題。

ミシンを買ってまで準備するべきか?の問いには、NO!です。

ミシンにもランクがあって、安いやつを買ってしまうと手提げ袋によく使用されるキルティング生地などの厚みのあるものは縫えなかったりします。

いろいろ細々したものを準備するのも正直しんどいです。

私は意気込んでミシンを購入しましたが、正直後悔してます。
頑張っていろいろ作ったけど、それ以外にほぼ活躍していません。。

何なら転園時には既製品を再購入したので、手作り手提げ袋も今になっては幼稚園には持っていってませんし・・・。

なので、園指定に合うなら既製品!
余裕があれば外注!が便利な現代においては最もお勧めです!

まとめ

心と時間に余裕があり、我が子のためにと頑張れる方には手作りもおすすめです。

ただ、お裁縫が苦手で布小物の準備にカリカリしてしまうタイプの方もいるはず。

子どもも新しい環境になることに不安になり心が不安定になる子もよくいます。
ママも子どもも、一番笑顔でいられる選択をしてください^^

また、手作りじゃないから愛情不足・・・と気を落とすこともありません。

子どもと一緒に生地を選んで、お店の人に「お願いします^^」というのも良い思い出ではないでしょうか?

するべきことがたくさんある入園準備、みなさんが少しでも円滑に進むことを願います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)