朝ドラ

神山清子は息子(子供)の為に骨髄バンク設立!旦那(夫)や家族について

神山清子の顔画像(写真)

こんにちは^^

三人兄弟の子育てをしている
アラサーママのかもめと申します★

趣味は、旬なニュースや人物についてを
ちょっぴり深堀りしてみること(^^)/

好奇心旺盛なので
気になったことをどんどん書いて、
みなさんと共有していきます!

今回は
『神山清子は息子(子供)の為に骨髄バンク設立!旦那(夫)や家族』
についてを取り上げます。

2019年9月30日から
新たに放送スタートする
朝ドラ「スカーレット」!

今回のヒロインは戸田恵梨香さんが
演じることが決定しており、
そのモデルは陶芸家の
神山清子さんとのことです。

この方、誰もが一度は聞いたことのある
「骨髄バンク」を設立した方
なのだそうです。

一応よく知らない方に向けて簡単に説明しますと、
血液が原因の病の場合骨髄移植で回復する可能性があります。
その骨髄の適合率は同父母の兄弟姉妹間で25%
非血縁者間では数百~数万分の1といわれています。

血縁者で適合しなかった場合には
全くの他人から適合者を見つける必要がありますが、
そのドナーをあっせんするための団体として
「骨髄バンク」が設立されました。

そんな重要な団体の設立に
貢献した神山清子さん。

息子(子供)の為に骨髄バンク設立した経緯や、
神山清子さんの旦那(夫)や家族についてを
調べてみたいと思います!

ぜひ最後までお読みくださいね(^^)/

神山清子は骨髄バンク設立者だった!

神山清子さんは骨髄バンクの設立者です。
厳密に言うと当時闘病中の息子さんと
協力して運営していました。

当初は骨髄バンクだなんて大それたものではなく
「神山賢一くんを救う会」という
ごく個人的な活動
でしたが、
全国的に自分も助けてほしいという声が
増えていったのだそうです。

息子さんがご存命の時は、
母の神山清子さんはサポーターの立場で
賢一さんご自身が積極的に活動していたみたいですね。

賢一さんは自分だけでなく
みんなを救うと決めて、本格的に
骨髄バンク活動を始めた
そうです。

その結果、4か月で3000人の
ドナーが集まったが
賢一さんに適合するものはなかったそう。

しかも、血液検査には1件1万円もして
「神山賢一くんを救う会」は
莫大な借金を抱えて解散したそうです。

それでも、全国的に骨髄バンク設立の
要望は高まっていき
「骨髄バンクと患者を結ぶ会」を
新たに発足し、賢一さんが会長に就任
していたそうです。

陶芸家としても功績のある
神山清子さんについては多く
取り上げられていますが、
闘病したご本人である賢一さんも
とても立派に病と闘い抜かれたのですね。

神山清子は息子(子供)の為に骨髄バンク設立!

上記の通り、息子さんのあとを継ぐ形で
神山清子さんは骨髄バンク設立に
尽力したと思われます。

賢一さんは叔母の静子さんからの
骨髄移植を受けて回復に向かったそうです。

そして1991年12月に
念願の「骨髄移植推進財団(骨髄バンク)」を
設立
できたのです。

しかし1992年2月に白血病を再発し、
同年4月21日に容体が一気に
急変し亡くなられてしまいました。

賢一さんのそうした活動や闘病を
支えていたのが母親の
神山清子さんだったのだということです。

賢一さんが闘病中も
神山清子さんは弟子の協力を受けながら
陶芸を続けつつ、病院に通い
骨髄バンクの必要性を訴え続けていたのです。

我が子を救おうと
奮闘していたことに違いはありませんね(;O;)

神山清子の旦那(夫)や家族について

そこで疑問。

神山清子さんの旦那さんはどんな方
だったのでしょうか?

調べたところ
神山易久(こうやま やすひさ)さん
という方みたいです。

現在お二人は離婚されています。

同じく陶芸家として活躍されている方です!

他の女性のところに行ってしまい
離婚に至ったという記述を多く
みかけますが、

お二人とも芸術家ですので
一般人とは違った感性を
お持ちなのかもしれませんね。

価値観の違い、相性の不一致、
離婚の理由は様々でしょうけど
まあ実際のところは
ご本人たちにしか分かりませんね^^

5年前にも個展を開かれていたりと
陶芸家として活躍中でしょうか^^

そのほかのご家族は
息子の賢一さんのほかにも
娘の久美子さんもいらっしゃいました。

女手一つで二人のお子さんを育てたのですね。

まとめ

骨髄バンク設立に関して、
こんなにドラマがあったとは知りませんでした。

たくさんの方の思いを乗せて、
神山清子さんたち親子が
築いてくださったのです(;O;)

息子さんがここまで頑張れたのも、
きっと母の背中を見て育ち
何か感じるものがあったのかなと
勝手ながら思いました。

どこまで描かれるのかは分かりませんが
スカーレットたのしみです!

まとめますと、

  • 神山清子さんは息子さんと共同で骨髄バンク設立に関与した
  • 息子さんの白血病治療のための骨髄バンク設立だった
  • 旦那(夫)は神山易久さんで、お子さんは娘の久美子さんもいる

それでは、今回は
『神山清子は息子(子供)の為に骨髄バンク設立!旦那(夫)や家族のこと』
についてを取り上げました!

最後までお読みいただきありがとうございました★

これからもKoukishin.netを
よろしくお願いします(^^)/

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)