幼稚園

幼稚園のお弁当の詰め方・コツを紹介♪食べやすいおかず6選!

幼稚園のお弁当の詰め方の画像

こんにちは^^

三人兄弟の子育てをしているアラサーママのかもめと申します★

趣味は、旬なニュースや人物についてをちょっぴり深堀りしてみること(^^)/

好奇心旺盛なので気になったことをどんどん書いて、みなさんと共有していきます!

今回は
『幼稚園のお弁当の詰め方・コツを紹介♪食べやすいおかず6選!』
についてを取り上げます。

幼稚園のお弁当ってどう作るのか悩みませんか?

私も今となっては給食を選択しているのですが、子供が年少さんの頃はお弁当を週3で持って行ってました。

子供のお弁当箱って小さいから詰め方にコツが必要だったりします。

大人より量も入らないからバランスの取り方が難しい!

ということで、子供用のお弁当の詰め方のコツを調べました^^

彩り豊かに子供の食欲をそそるお弁当を作るための参考にしてください♪

ぜひ最後までお読みくださいね(^^)/

幼稚園のお弁当の詰め方

まず、幼稚園のお弁当の詰め方を紹介します。
基本だけ押さえておけばそれなりに完成しますからね♪

大きいものから順に入れる

子供のお弁当箱は小さいのでご飯とおかずを同じところに一緒に入れることもありますよね。

たとえば、1番大きいものがおにぎりであれば、おにぎりを最初に入れる。

そこを基準に、次にから揚げ、卵焼き、プチトマト、スナップエンドウやアスパラ・・・

というように、最後に入れるものは小さくて細いものだと収まりがいいですよ^^

配色のバランスに気を付ける

茶色いおかずが並ぶと見栄えしないので、なるべく同色のものが並ばないようにしましょう。

できれば、赤・黄色・緑・黒が入ると全体が豪華になりますし、自然と栄養バランスも整うので意識しましょう♪

でも黒って何?って思いますよね。(笑)

気軽にお弁当に取り入れるとしたら、黒ゴマや海苔が代表的かと思います。

キャラ弁にする必要はないのですが、海苔で目と口を作っておにぎりに乗せておくだけでも十分です。

View this post on Instagram

* * おはようございます☀︎ * 末っ子くんの #幼稚園のお弁当 です☺︎ * 簡単に #すみっコぐらし・-・ ♡ * 【Menu】 ☑︎すみっコのおにぎり →鮭 ☑︎回鍋肉 ☑︎えびふらいのしっぽ卵焼き ☑︎ナポリタン ☑︎赤ウインナー ☑︎茹でブロッコリー * * * * ⚫︎と➖がメインなので 簡単で作りやすいです☺︎ * * * 今日は幼稚園ママ達と 出かけて来ます☺︎ それでは、今日も1日 頑張りましょうね! * * * * #お弁当 #弁当 #アルミ弁当 #年少弁当 #幼稚園弁当 #キャラ弁 #キャラごはん #えびふらいのしっぽ #クッキングラム #おうちごはんlover #obento #lunchbox #cutefood #sumikkogurashi #sanx #japanesefood #象印 #お米大好き #お弁当コンテスト #obentopark #kyaraben #お弁当おかず #簡単弁当 #お弁当の記録

A post shared by sᴀᴋᴏ☺︎ (@sako.n.sako) on

全体がかわいくなるし、お子さんの気分も上がるのは間違いないですよ!

彩りが足りないときは小物を活用

気を付けていても、たまに「今日、この色のおかず足りないな」ってことありますよね。

我が家も子供の偏食により、赤と緑には、毎回悩みました。

そんな時は紙カップやバラン、ピックなどの小物で少し色を足してました。

幼稚園のお弁当は苦手克服より、楽しく完食できれば良し!という方針の幼稚園も多いかと思います。

無理してピーマン入れなくても大丈夫。
プチトマトも入れなきゃいけない決まりはない。

お子さんのペースに合わせてステップアップして、それまでは小物にも頼りつつがんばりましょう!

幼稚園のお弁当を作るときのコツ

幼稚園のお弁当を作る上で心得ておきたいコツがあります。

多すぎないこと

お弁当を作るとき、家と同じ感じの量で作ると残す場合があります。

なぜかというと、ある程度時間が決まっているから。

もし家での食事に時間がかかるタイプであればきをつけましょう。

子供が足りないというようであれば、徐々に増やしてください^^

食べやすいこと

これも当然ですが、補助してくれる人が近くにいるとは限りません。

最初の頃は、チャーハンなどは入れないでくださいと言われたりもしました。

お手軽でお弁当に入れがちなチャーハンですが、案外こぼしますからね。

幼稚園の最初のうちは先生からしても迷惑なのでしょう^^;

ですので、主食はおにぎりやパン、サンドイッチなどで。

スプーンや箸の扱いに余裕ができたら、幅を広げてみましょう!

パターン化していること

これは意外なのですが、子供はパターンが決まってるほうがいいらしいです。

親の優しさで変わり種を入れてみても、警戒して食べなかったりしますよね。

お弁当に入ってるものがいつも同じようなものでも、意外と文句が出ないものですよ!

ママ友は曜日でおかずを決めてるという人もいました。

子供も親も、幼稚園時代を乗り切るにはそういう工夫もありかもしれませんね。

幼稚園のお弁当の食べやすいおかず6選!

幼稚園のお弁当にオススメの、食べやすいおかずをまとめました。
これをローテーションすれば楽になりますよ♪

  • ミニハンバーグ
  • コロッケ
  • ミートボール
  • からあげ
  • ナゲット
  • 魚のムニエル

作り置きすれば当日レンジで温めるのみなので、メインだけは用意しておくといいですね。

コロッケなどは冷凍食品を使うのもいいと思います。

手作りにこだわる方もいるけど、私はラクすることを選んでもいいと思います^^

まとめ

幼稚園のお弁当というと、めんどくさいよね~とママ友と話してたもんです。

でも過ぎてみると、コツさえつかめばそんなにめんどうでもなく習慣にできてました。

とは言え、やっぱり今からやれと言われると・・・いやですけどね。(笑)

なので、上手に手を抜きつつ、子供も親もやりやすい方法でお弁当生活を楽しんでください^^

今回の記事内容のまとめは、

  • 幼稚園のお弁当の詰め方は、大きいものから順にが基本!
  • コツは多すぎず、食べやすく、パターン化されていること!
  • オススメの食べやすいおかずを冷凍保存してストックしておく!

それでは、今回は
『幼稚園のお弁当の詰め方・コツを紹介♪食べやすいおかず5選!』
についてを取り上げました!

最後までお読みいただきありがとうございました★

これからもKoukishin.netを
よろしくお願いします(^^)/

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)