子育て

幼稚園児のゲーム依存が心配!ゲームは悪?依存対策方法は?

ゲーム依存の幼稚園児の画像

幼稚園に行く年代になってくると、ゲームで遊ぶ子が一定数でてきますよね。
まだ早いんじゃないかと、ゲームを与えることに躊躇するママも多いかと思います。
[br num=”1″]
もはや現代において、ゲーム遊びは文化となりつつあり、
頑なにゲームをやらせないでいると子どもの友達関係にまで
影響を与える事態までにもなりかねません。
[br num=”1″]
そこで、上手なゲームとの関わり方の第一歩をまとめました!
[br num=”1″]
[br num=”1″]

[br num=”1″]

ゲームは悪なのか?ゲームによるメリット・デメリット

[br num=”1″]
世間の風潮としては、ゲームを与えることにあまり良いイメージはありませんよね。
[br num=”1″]
ですが、本当にゲームってそんなに悪いヤツなのか!?
どうなんでしょうか??
[br num=”1″]
[br num=”1″]

ゲームによるメリット

[br num=”1″]

集中力・記憶力がつく

ゲームってついつい没頭してしまいますが、裏を返せば集中力があるともいえます
子供向けのゲームでも、よーく集中しないとクリアできないような場面はでてきますし
それを乗り越えるのもひとつの大きな達成感を味わえるものです。
[br num=”1″]
また、“あの場面ではこうする”“この動きでは勝てない”“あっちに行ったら敵がいる”
など、ゲームのなかでは記憶することが盛りだくさんです。
プレイするなかで自然と集中力や記憶力がつきます
[br num=”1″]

コミュニケーション能力・社会性アップ!

子供向けのゲームは特に、対戦して楽しむものも多いです。
経験があまりない子や勝ちにこだわる子なんかは、
「負けちゃったー!(´;ω;`)」と泣いてしまう子も多々・・・。
[br num=”1″]
“何事もうまくいかないことがある”ということを学んでいく
絶好のチャンスです。
[br num=”1″]
勝ちにこだわり駄々をこねるタイプの子は、お友達などを含めて遊ぶ前に
パパやママと少し練習をしておくことでトラブル回避できるかもしれません。
[br num=”1″]
また、対戦で協力して遊ぶ中でコミュニケーション能力は着実にアップします^^
[br num=”1″]

意外と学びがある

私自身、ポケモンの出初めから遊び始めた世代なのですが
ポケモンの中にもさりげなく勉強になることがちりばめられてました。
[br num=”1″]
たとえば、”電気ポケモンは水ポケモンに有利”だとか
”ピジョンって英語でハトって意味から名づけられたんだ~”とか。(笑)
[br num=”1″]
その時にはあまり意識してなくても、楽しく遊んで得た記憶は頭に残るもので、
試験問題なんかでもなんとなーく雰囲気的に?な感じでフワッとでも頭にあると
意外と役に立つことがあるもんです。
[br num=”1″]
あと漢字とか語彙力なんかもつくかもしれません。

[br num=”1″]

ゲームによるデメリット

[br num=”1″]

視力が低下する・姿勢が悪くなる

一般的にゲームは目が悪くなるといわれています。
ゲームをしていると前かがみになってしまい姿勢も悪くなり
無意識に画面にどんどん顔を近づけてしまうため
ピントが近くに合った状態が長時間続くことで
視力が悪化していきます
[br num=”1″]
使用時間を定めることは不可欠です!
[br num=”1″]

ゲーム依存になる

ゲームには依存性があるということで、WHO(世界保健機関)が
「ゲーム障害」を国際疾病分類に加えました。
要するに依存=“病気”ということですね。
[br num=”1″]
依存状態にあると、ゲームの時間や頻度が管理できなくなったり、
なによりもゲームを最優先してしまったり・・・というのが長期間
続いてしまうようです。
[br num=”1″]
では、我が子のゲーム依存を回避するにはどうしたら良いのでしょうか?
[br num=”1″]

ゲーム依存にならないための対策

[br num=”1″]
依存に陥らないためには、買い与える最初の時から
親の覚悟が必要となります。
[br num=”1″]
ゲーム機に限らず、スマホでyoutubeなどを見せる場合にも
最初が肝心です。

  1. 時間のルールを決める
  2. 使っていい場所を決める
  3. ゲームソフトは吟味する
  4. 親が管理しやすいゲーム機を選ぶ
  5. ルール違反のペナルティを定める

時間を制限するのはもちろんのこと、
今はゲーム機自体にも親の管理機能兼ね備えたものも多くなりました。
[br num=”1″]
今大流行の任天堂スイッチは親のスマホから管理できるそうです。
[br num=”1″]
ゲームを作り出している方々もゲーム依存を深刻に捉え
対策案を練りだしているので、そういった機能を最大限に駆使して
我が子を守りましょう!

[br num=”1″]
[br num=”1″]

まとめ

ゲームを頑なに我が子に与えず、
「うちはゲームさせないの~」という方針の家庭の子ほど
お友達のおうちのゲーム機に、かじりついて離れない・・・
なんてエピソードはよく聞く話です。。
[br num=”1″]
物珍しく、楽しいものに興味がいくのは当然ですね。
[br num=”1″]
スマホでも気軽にゲームができる世の中ですから、
あまり毛嫌いせず、経験の一つとして
ゲーム機を与えてあげるのは良いことと思います^^
[br num=”1″]
買い与えて放置せず、
しっかり我が子に向き合っていれば
あまり心配はありませんよ♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)