子育て

3歳の子が言うことを聞かない!叱り方や怒鳴ることの回避方法

三歳の言うことを聞かない子に怒るお母さんの画像

こんにちは、かもめです^^

3歳の子の子育て中の方~!最近いかがですか?
なかなか生意気に成長してきたのではないでしょうか?w

我が子が三歳の時も、話は通じてるはずなのに
「おーーーい!どこいくの!」な感じで
とにかくやんちゃ盛りだった記憶があります・・・
(まだもうひとり末っ子が控えてたー!覚悟しとこw)

3歳の頃の子どもは意志がはっきりしてきたり
反抗する力もついてきたりで
対応に悩むママも多いのです。

どう叱ったらいいの?
怒鳴りたくなったらどうすればいい?
子どもの上手な操り方などをご紹介いたします!

言うことをきかない時の叱り方

三歳というのはずいぶん理解力もついてきていますし
他者の気持ちを考えることもできるのです。

ですので、叱り方のポイントとしては

  • 叱られている理由を簡潔に説明する
  • 子どもがすべきことを分かりやすく伝える
  • 子どもがママの話をきける状態になるまで待つ

上記のことを意識して、
叱るというよりは伝えるという気持ちで言い聞かせましょう。

子どもが大泣きしていたり、おふざけが過ぎて興奮状態の時には
まずは落ち着くまでは待ちましょう。
クールダウンするのを待ってからじゃないと耳に入っておらず
「何回言ったらわかるのよ!」な状態になってしまいますので
大切なポイントですよ!

うちのパパは、この「待つ」ことがいまだにできず・・・w
火に油を注ぐような状態を繰り返しております。

待つことは子育てするうえで
案外1番もどかしく忍耐を要する試練かもしれませんね^^

怒鳴りそうなときの対処法

叱るときやとっさの瞬間って
つい大声で叱ってしまったり怒鳴るように怒ったり。。

これが悪いというわけではなく、
大事なのは、怒鳴っても子どもは委縮するだけだということ。
大声だして怒鳴るってすごい労力です。
できれば平和的な解決が一番ですもんね。

カッとなってしまったときのために、
以下のことを頭に入れておいてください。

  • 6秒間、数を数える
  • 自分の顔を鏡で見る
    (怒っている姿を認識する)
  • その場から離れる

6秒間を数えるというのは、
アンガーマネジメントで使われる方法です。
人の感情は6秒待てば大抵ピークを過ぎて
冷静になれるそうですよ。

また、自分がいまどんな顔して子どもを叱っているんだろう
ということも意識することで、やりすぎ防止になります。

1番効果的なのはその場から離れることですが、
子どもと1対1の時はついてきてしまったりして
少し難しいかもしれませんね。

パパがいるときなどは積極的に頼りましょう。
もしくは、パパに叱ってもらいましょう。
人が叱ってるのを見るとなぜか「そこまで言わなくても」って
冷静に見ちゃったりするんですよねw

たまには叱る立場を誰かに交換してもらうと
少し気持ちも楽になりますね^^

子どものやる気を引き出す方法

最後に、子どもに声をかけても聞こえていないかのように振る舞う時
どうしたら反応してくれるかってところを考えます。

まず、3歳は自我もはっきりしているので
こども扱いをされるのがイヤな子もいます。

3歳児のプライドを刺激して
ヨイショしちゃいましょう!

「かっこいいね!」「さすがお姉ちゃんだね!」は常套句ですね。

あとは「どっちが早いかな?」と競争させるのも効果的!

そして、あえて言う通りに甘えさせてあげると
違った反応が返ってくるときもありますよ。

(〇〇ができないからやって~!などのわがままに取れるような時も
少し手助けすると案外自分でやると言い出します)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2~3歳は本当にの時期で
ママの対応スキルも一気に上達すること間違いナシです!^^

とても大変な時期かと思いますが
この時期をすぎると一転、天使の4歳児と言われる
時期が来ますよー!(^^)/

耐え忍んで、子どもの成長を楽しみにしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

またお気軽にお越しください♪♪

ABOUT ME
かもめ
三人の男の子に囲まれて日々過ごしているアラサーママです。 活発ボーイズのあまりのやかましさに、ボーーーーーーっと思わず現実逃避・・・しながら書いてるブログです!(´・ω・)